White On Black

日記とかオフライン活動とか。

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カイジ 人生逆転ゲーム」感想

というわけで、カイジ映画感想。

・原作は読んでいる
・ふだん映画とかテレビはあまり見ない
・遠藤さんが女なことは否定的ではない

以上、どーでもいいことを踏まえて、ネタバレ大丈夫な方のみ
続きからどうぞーー まず、ふだんアニメとかしか見てないので、実写で漫画とかのような
オーバーリアクションされると、妙な気持ちになる…
のは私だけだろうな、きっと。
それくらい藤原さんの演技は力が入ってました。
というか出演者全員、熱演されてて見ごたえありました。
特に利根川役の香川さんや天海さんがよかったです。
女版遠藤さん、かっこいい!

カイジが漫画版よりダメさ加減が出てて、よかったですねー
26才(設定らしい)であれって…(笑)
でも「キモい」って言われたときのキレっぷりはやりすぎだろう…(笑)

エスポワールの説明の時、原作の電話でねじ込んだエピソードがカットされてたので遠藤さんの部下の
「あいつ、遠藤さんのこといい人だと思ってますよ」
のくだりが不自然に感じた…。
あれだけ怒鳴られてなじられて、そう思うとは思えないんだけど…
他にも、地下に落ちた時の初めての給料のとき、周りに群がっててたやつらも
限定じゃんけんの時に落ちたメンツがいたはずなのに、カイジだけ言われてたのは違和感…
などなど細かい点が気になった。
とまあそれはおいといて。

いよいよ限定じゃんけん。
思ったより狭いな、あの部屋。
じゃんけん用のカードが凝ってましたね。Eカードデザインも凝ってたし、製作陣の本気がうかがえました。
制限時間が30分になってた!
お金の融資もなかったし、カイジのじゃんけん攻略方法も変わってたし、映画用にだいぶ設定が変わってましたね。
勝負には勝ったはずのカイジは、石田さんを見捨てきれずに共に地下へ…。
自分のせいで地下行きになったカイジをことあるごとに心配そうに見つめている石田さん…。
石田さんはかなり原作通りのイメージでした。はまり役。

今回、楽しみのひとつであった、カイジの豪遊シーン。
期待にたがわず、ビールをうまそうに飲んでくれましたね!
私も影響されてふだん全く飲まないビールを初めて買って飲んでみたが、
お子様舌の私にはやっぱりおいしいと感じられず…。
のどごしを楽しむためのものなんだろうけど、同じ炭酸ならばコーラのが断然うまいじゃないか、
と思っている。

と、どうでもいいですね。

病床に臥す佐原が出た時は、主役を食いかねない雰囲気でびっくりした。
佐原にひげがある…!
そこで「ブレイブメンロード」という、最後のチャンスであるギャンブルの話を聞かされるカイジ…
借金まみれのどうしようもない人が選ばれる、命がけのギャンブル。
この設定もどうなんだ?と思ったけど、進行上仕方ないよな、と思いつつ。

いよいよ鉄骨渡りへ…

そういえば、ここで福本先生が登場しましたね。
たぶん間違いないと思うんですが、カイジたちを案内した黒服と、
電流流した(?)黒服ですよね…?
ほんの一瞬だと思ってたので、わりと長く映っててびっくり。
先生、仕事してください!(笑)

落ちたら即死のこのギャンブル、なんとそれを見て楽しむ観客たちがいたのだ。
原作でさえ落ちても打ち所が悪くなければ死にはしない高さの時しかいなかったのに…
まさに「悪趣味すぎる」。
ここは見てて本当にはらはらしました。
しかし、石田さんとカイジのやりとりが長すぎて、その時の佐原の様子が気になって仕方なかった…
鉄骨の時の台詞は原作とほぼ同じでしたね。というか遠藤さんがらみ以外は割りとそうでしたが。

なんとか渡りきったカイジ。結局成功者はカイジのみ…。
石田さんの、死者の分のチケットは無効だと言われ、激昂するカイジ。
食い下がるカイジに「おもしろい」とチャンスを与える会長。
そしていよいよ最終決戦のEカード勝負へ。

なんの戦略もなく挑み、あっさり利根川に敗れるカイジ。
地下に連行される途中、逆転法を思いつく。
「おしっこ」といって、原作ではおなじみのトイレに駆け込むカイジだが…

あの遠藤さんとのやりとりはどう見てもプロポーズだろう…!
おばあちゃんになってもうんぬんかんぬん。台詞は忘れてしまったけど。
遠藤さんの「約束だよ~?」に 萌 え た 。
その必死の説得に乙女心が動かされたのかどうかは知らんのだけど、
5千万を貸した遠藤さん。
「勝ってよ…」と見守ります。

「腑抜けた顔してやがる…だから負けるんだよ」と鏡に頭突きをするカイジ。
実はこの時から作戦は始まっていたのだ。
血をつけたカードのトリックは、すでに限定じゃんけんでやっていたので、
それを見ていたであろう利根川を信頼してのトリック…
「俺が蛇に見えたか…?ならお前が蛇なんだ」
「蛇でいてくれてありがとう…!」
「気づくさ…優秀なんだから」
原作での名台詞連発です。
このシーンはかっこよかったですね。

カードに血をつけるトリックをじゃんけんでやってしまった時は、
Eカードの時とかぶるなあ…と思ってましたが、このためだったんですね…。
だから利根川がカイジのじゃんけんの様子を見てる描写があったのか…と納得しました。

晴れて5億円という未曾有の大金を得たカイジだったが、
睡眠薬を飲まされ、金利分を含んだほぼ全額を遠藤にもってかれてしまっていた…
これは破戒録のオチまんまですね。
残ったわずかな金額を、石田さんの娘さんに渡すカイジ。
どこまでお人よしなんだ、カイジ!
とても冒頭の、ベンツを蹴りつけたろくでなしとは思えません(笑)


と、さわやかに終わったカイジですが…
なんと続編決定だそうですね。
あとは原作だとパチンコやら麻雀やらと、実写には向いてなさそうなのばっかりなんですが…
もう一度地下に落ちて、チンチロ勝負とかやるのでしょうか?
ともあれ楽しみです。

いろいろ突っ込みどころも多かったんですが、
原作見て無い人は単純に楽しめるんではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mutsukitohgo.blog89.fc2.com/tb.php/8-58432e47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

むつきとおご

Author:むつきとおご
主に漫画・アニメなどの落書きやつぶやきを垂れ流します。
苦手な方は注意してください。


ピクシブやってます↓

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
はじめに (0)
日記 (7)
零 (3)
アニメ雑記 (1)
らくがき (1)
コミック雑記 (2)
オフライン (4)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。